2017年11月28日

2017年 発表会

2017年度 発表会 無事終了いたしました。

発表会2.JPG

日頃からご理解ご協力くださっているご家族の皆様
そしてお支えくださっている方々
本当にありがとうございました。

おかげさまで、生徒たちみんながひたむきに努力し、誠実に楽譜に向き合った演奏会になったと思います。
生徒たちの成長を感じ、喜びと共にこれからまた頑張ろうという気力につながっております。
感謝の気持ちでいっぱいでした。


今回は、初めての試みとして、「出演者にはメッセージカードを書いてもらう」という企画を導入。
これは他の生徒さんの演奏の感想を書いてもらうもの。
発表会というのは、自分の演奏が終わると、身の置き所がなくなってしまうというか
ロビーなどで遊んでしまったり、控え室にこもってしまうことも。
でも、演奏だけが発表会ではなく、他の人の演奏を聴くことも大事にしてほしい。

そこから他の人への思いやりやマナーを学ぶこともできます。

小学1年生からこのメッセージカードにチャレンジしてもらいましたが、わかりやすくするために
演奏ナンバーを表示したり、鉛筆が落ちないようにひもで止めたりと、工夫を凝らしました。

2017発表会1.JPG
悪口は書かない、というお約束で生徒さんに配り、書いてもらいましたが、どんな感想が集まってきているかな。

これらは、きちんとまとめてそれぞれの生徒さんへお渡しします。
きっと励ましだったり、嬉しいことが書いてあったり、大切な宝物になることでしょう。

ここからは生徒さんへ
今回、演奏の成長も感じたけれど、それぞれの生徒さんの人間としての成長も大きく感じました!
みんなどんどん素敵になって本当に嬉しかったです。
これから次へ向けて、また新たに歩き始めようね。
先生はそばで応援し続けます。
これからみんなのことがさらに楽しみ。
木曜日からレッスン再開!
またビシビシとレッスンしていきます。



さて、発表会後1人の生徒さん、Kちゃんが涙していたので、どうしたのかと思ったら
思うように弾けなくて悔しかったとのこと。

それだけ頑張ったんだね

Kちゃんをずっと見て来たけれど、本当によく頑張りました。
今のKちゃんのレベルより、難しい編曲を選んだのに、すごく頑張ってしっかり弾けるまで努力しました。

少し短くしようかと言っても、絶対全部弾くと言って、コツコツ頑張り、いつもレッスンですごいなぁ、嬉しいなあと思っていました。

だからこそ、Kちゃんはよけいに悔しかったんだろうね。

Kちゃんは悔しかったと思うけれど、その気持ちを持ってもらえて、私はとても嬉しかったです。

それは
その気持ちを持てると必ず上達するから。
努力した証だから。

ピアノだけじゃない
努力したこともその悔しい気持ちも、いろんな所でいろんなことが実を結ぶ。

大丈夫。次のレッスンは笑顔で来てね。


ご家族の皆様
また次のステップへ向けて始まりますが、それぞれの生徒さんがその人らしく歩めるよう共に歩めたらと思います。どうぞご家庭でも引き続きご協力をよろしくお願いいたします

最後になりましたが、ご一緒に発表会を開いてくださったT先生、N先生、素敵なオーボエと細やかな心遣いのIちゃん、またご協力くださったs一郎さん、パピーさん、本当にいつもいつもありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。


posted by ころちゃん at 21:58| Comment(0) | お教室の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする