2018年04月25日

音の葉concert

IMG_2981apuriko2.JPG


4月7日(土) First 音の葉consert 大田区民ホール「アプリコ」小ホール
今回は賛助出演させていただきました!

この音の葉は、声楽家の大渕優さん 諸静子さん 堀口弥生さん 作曲家・ピアニストの永井律子さんの会で今回は永井律子んさんのお作りになった曲を中心にお届けし、さらに皆さんのソロも聞けるという演奏会でした。

IMG_2979apuriko.JPG

こんな温かな雰囲気の素敵なステージ
ホールはとても良い響きで、ピアノもすごく響きます。

大渕優さんの
*ロシア民謡メドレー
*オペラ「セビリアの理髪師」より〜かげ口はそよ風のように〜
*ミュージカル薄桜鬼「ラ・マンチャの男}より〜見果てぬ夢〜

堀口弥生さんの
*さくらよこちょう
*スペイン歌曲「月の短いロマンセ」
*恋のアランフェス

この6曲を伴奏してきました。

大渕さんは先日のコンサートでもご一緒でしたが、この日の演奏はまた違った表現となりさらに楽しく、すごくスケールの大きなものとなりました。
とくに、かげぐちはピアノを弾きながら私も笑えるほど演技も歌唱も素晴らしく楽しかったです。


そして堀口さん伴奏では、あまり弾くチャンスのないスペインの曲です!!
とても熱いです!!!
何度かの合わせのうちに、ようやくつかみかけてきましたが、ピアノを弾くのではなく弦楽器を弾く時の間の取り方、歌い方が必要でした。

この歌い方は、スペインの音楽だけではなく、どの曲にも言えることなのですがつい「音符を弾く」ことだけで、ピアノを弾いている気分になってしまっていることに気付かされた貴重な時間でした。


たとえば「ドーーー」と弾くにしても
「nnドーー」のように、音が出るまでの間やスピードがあるのです。
それがソルフェージュという学びの中で身に着けていくことなのですが、つい忘れがち。

でも今回の恋のアランフェスにはどうしてもその歌い方をしないと、情熱を込めることが出来ず、2日前にようやくつかんだのでした。

そして、恩師の草川先生より学んだ、全身を使う弾き方・・・特に左足に軸を置くひき方を久しぶりに復活させました。
このところ、重心を丹田に置くことのみを考え、この左足を使う弾き方を封印していたのですが、まさに恋のアランフェスには必要で、なるほどなぁとこの年になって気づきや学びの多い演奏会となりました。

今回も本当にお世話になりありがとうございました。






posted by ころちゃん at 05:42| Comment(0) | 演奏活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: