2018年04月25日

長島実奈・長島潤 デュオリサイタル Vol.12

4月24日(火)長島実奈・長島潤デュオリサイタル

出演してまいりました!

今回は〜情緒ある日本の歌〜と題して、中田喜直と林光の曲が中心。

IMG_013220184古籐3.JPG

前半は実奈さんが中田喜直を中心に演奏。
中田喜直は私の大好きな作曲家。
音がとても素敵ですが、準備の段階でいつも以上に歌詞を考えて考えて・・・
どういう背景があるのか、どうしてこの音のなのか・・・
そして、「浜千鳥」「出船」など他の作曲家の歌もありそれぞれどのように音を使うかを、演奏しながら選んでいきました。

後半は潤さんの歌う林光
こんなご時世なので、私も潤さんも時代に対する不安を持っており、合わせのときにはつい政治に対する話題に。
いつの世も繰り返される、「弱い人が追いやられる」ということに問題提起する林光の音楽に、今回はさらに共感しつつの演奏となりました。

じつは、こんなことを書いていますが、この演奏会のための練習のさなか自分の演奏を録音して聞くと「可もなく不可もなくだな・・・」ととても不満でした。
そつなく弾いているようだけど、何も残らない・・・

でもどうしても気持ちが付いていかない・・・
情熱がわいてこない。
きっともっともっと強弱とか付けないとな、とは思っていたのですが、練習ではうわべだけになっているようで不安でした。

こういう時は、「奇をてらわない!落ち着いて丁寧に演奏するしかない」そう腹をくくり演奏会場へ向かいました。
長い人生、きっといろんな演奏の場面も精神状態もあるのだから。

でも、演奏が進むうちに、実奈さんや潤さんの歌声に引き込まれ、自分でもかなりの集中力と情熱をもって、アンサンブルしながらピアノを弾き続けることが出来たのです。

IMG_014420184古籐2.JPG
どのようにお客様へ伝わっていたのかは定かではありませんが、普段レッスンや家事ですり減っていた心に命を吹き込められたような感覚でした。

伴奏というと、ただ歌にくっついて弾いているように思われますが、じつはそうではなくって。(昔師匠に「伴奏というな!」としかられたことがありますが)共演する中で、お互いの心のやり取りのできる演奏。それが出来たときって本当に嬉しい。
お二人の生命力のある歌に感謝感謝。

弾き終わった後には、すごい達成感と疲労感
でも、気持ちの良い疲れでした。

20184古籐1.JPG
大切な仲間も駆けつけてくれました!



今回も雨のなかいらしてくださったお客様、長島さんご夫妻、会場をご準備くださった「ギャラリー古籐」様、お手伝いくださった皆様
支えてくれた家族に感謝です。ありがとうございました。

IMG_014120184古籐4.JPG




posted by ころちゃん at 06:14| Comment(0) | 演奏活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音の葉concert

IMG_2981apuriko2.JPG


4月7日(土) First 音の葉consert 大田区民ホール「アプリコ」小ホール
今回は賛助出演させていただきました!

この音の葉は、声楽家の大渕優さん 諸静子さん 堀口弥生さん 作曲家・ピアニストの永井律子さんの会で今回は永井律子んさんのお作りになった曲を中心にお届けし、さらに皆さんのソロも聞けるという演奏会でした。

IMG_2979apuriko.JPG

こんな温かな雰囲気の素敵なステージ
ホールはとても良い響きで、ピアノもすごく響きます。

大渕優さんの
*ロシア民謡メドレー
*オペラ「セビリアの理髪師」より〜かげ口はそよ風のように〜
*ミュージカル薄桜鬼「ラ・マンチャの男}より〜見果てぬ夢〜

堀口弥生さんの
*さくらよこちょう
*スペイン歌曲「月の短いロマンセ」
*恋のアランフェス

この6曲を伴奏してきました。

大渕さんは先日のコンサートでもご一緒でしたが、この日の演奏はまた違った表現となりさらに楽しく、すごくスケールの大きなものとなりました。
とくに、かげぐちはピアノを弾きながら私も笑えるほど演技も歌唱も素晴らしく楽しかったです。


そして堀口さん伴奏では、あまり弾くチャンスのないスペインの曲です!!
とても熱いです!!!
何度かの合わせのうちに、ようやくつかみかけてきましたが、ピアノを弾くのではなく弦楽器を弾く時の間の取り方、歌い方が必要でした。

この歌い方は、スペインの音楽だけではなく、どの曲にも言えることなのですがつい「音符を弾く」ことだけで、ピアノを弾いている気分になってしまっていることに気付かされた貴重な時間でした。


たとえば「ドーーー」と弾くにしても
「nnドーー」のように、音が出るまでの間やスピードがあるのです。
それがソルフェージュという学びの中で身に着けていくことなのですが、つい忘れがち。

でも今回の恋のアランフェスにはどうしてもその歌い方をしないと、情熱を込めることが出来ず、2日前にようやくつかんだのでした。

そして、恩師の草川先生より学んだ、全身を使う弾き方・・・特に左足に軸を置くひき方を久しぶりに復活させました。
このところ、重心を丹田に置くことのみを考え、この左足を使う弾き方を封印していたのですが、まさに恋のアランフェスには必要で、なるほどなぁとこの年になって気づきや学びの多い演奏会となりました。

今回も本当にお世話になりありがとうございました。






posted by ころちゃん at 05:42| Comment(0) | 演奏活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大渕優BASSコンサート

3月10日 「大渕優 BASSコンサート」 南大沢文化会館 2階交流センター

出演してまいりました!
IMG_2752.JPG

大渕優さんは大学のときに、伴奏していた方で、とても魅力的なBASSです。
また、お名前の通り、すごく優しいので、生徒さん(とくに年上の方々)からとても人気があるようです。
この日のプログラムはバスの歌として有名な名曲や、楽しいミュージカルまで様々。
トークや演出が細やかに考えられていて、お客様もとても楽しんでいらしたのを感じました。

またフルーティストの小関めぐみさんも共演なさり、素晴らしいフルートの音色を届けていらっしゃいました。
小関さんは、とても穏やかで優しい方なのですが、お人柄というのは音に現れるのだなぁと感じるほど、その音色はとても温かでした。

IMG_2753.JPG
長い期間をかけて、しっかりとした準備。
どうやったらいい音楽になるか
お客様が喜んでくださるか
誠実なステージ作りに学ぶことが多く、頭が下がる思いでした。

このステージにご一緒させていただけて、本当に感謝しております。
いらしてくださったお客様、大渕さん、そしてお支えくださったご家族、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。


 
posted by ころちゃん at 05:07| Comment(0) | 演奏活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする